健康に配慮した安心をお届けするための自主管理システム
品質は当連合会がしっかりと確認いたします

前述の通り襖紙は法的な規制を受けません。 ただし、信頼に足るデータに裏付けされた安全な商品を登録し、分かりやすいマーク表示をすること、さらに、ご要望により証明書を発行することが、 お客様に安心をお届けする有効な方法であると当連合会では考えております。 このため、昨秋から国土交通省並びに経済産業省のアドバイスを受けながら検討を重ね、自主管理システムを作りあげました。 自主管理システムの大まかな流れは次の通りです。

  • (1) 日本内装材連合会に室内空気汚染対策管理委員会を設置します。
  • (2) 国公立及び財団法人の運営する試験機関でホルムアルデヒドの放散量が0.2㎎/㍑以下と証明された商品のみを登録しインターネット等で公開します。
  • (3) 登録された商品だけを収録した見本帳には管理委員が定めたホルムアルデヒド対策マークを表示します。
  • (4) 登録された商品、見本帳に関しては、消費者、設計者、施工業者等のお客様からの申請を受けて「ホルムアルデヒド対策登録襖紙単品証明書」、「ホルムアルデヒド対策登録襖紙一括証明書」を発行いたします。

自主管理システムの流れ図(顧客、施工業者、日本内装材連合会)

ページの先頭へ